アートとインテリア

こんにちは。お久しぶりのブログ更新となります。Ryokoです。実は、ロンドンから三日前に戻りました。平均気温15度以下のロンドンから28度の日本へ。季節を逆戻りしているようで時差ボケだけではなくタイムスリップしたような不思議な感覚。

さて今回のロンドンではアートショーをたくさん見てきました。興奮冷めないうちにと思いますが、まずは以前プロジェクトでお世話になった素晴らしいアーテイストのお宅を訪問したお話をさせていただきます。

ロンドン郊外にあるこのお宅。中に入ると思わず「あ~素敵~♪」と日本語でつぶやいた私です。

だってね玄関あけて、Hello. Nice to meet you.とかご挨拶の時に見える景色が

じゃーん♪♪

ハイ拡大!

「ス♡テ♡キ!!」でしょう。ほんと息をのみました。

そして通していただいたリビングが

じゃじゃん。この素晴らしさ。。

まさにワンダフル、アメージング!!

ぶっとびーという感じです。

通常絵を飾るのは、目線の高さと言いますが、彼女は少し低めにかけています。質問すると座った時を主体に考えているそうです。少し日本の和室に正座した時の景色を切り取る日本人の感じと思いました。

絵はリビングに一個あれば十分という感覚の日本人のみなさーん。そうではないのだということが少しご理解いただけますか。アートがないインテリア空間は、ありえないのです。

ダイニングだってこんなに素敵。。

インテリアの中にアートが溶け込み、さらに昇華させている空間そのものと言えます。なんてエレガントなの!!だけど肩の力の抜けたcozyな感じもあり。つんつん感とかまるでなし。

差し引き感と甘辛バランスも絶妙で私の大好きな空間と言えます。

キッチンだって、ほらっ♪♪

 

 

ちなみにまだ小さいBoys二人のママでもある彼女。とは思えない美しく片付いた家。

ロンドンでは、庭師とクリーナー(お掃除屋する人)を入れる家が多いのだそうです。少し日本の事情からするとうらやましいですよね。

 

 

弊社Galerie Artciousでは、インテリアをさらに昇華させるこういったアートをご提供させていただいています。ほんと素敵なアーテイストのお宅拝見のlondonからの一コマでした。

#@liza.giles.art  Thank you ♡

(Ryoko)

 

この記事を書いた人 ryoko